GK六反が清水エスパルスに完全移籍 新天地で正GK奪取へ

本日、日刊スポーツがGK六反勇治の清水エスパルスへの移籍を報じました。

記事によれば清水はGK西部が今年9月に全治6ヶ月の診断を受けており、来季の開幕戦出場が絶望的な状況。そこで六反を即戦力として迎え入れるとのことです。

六反は2015シーズンにベガルタに加入してから正GKの座を獲得、日本代表入りと着々と実績をつくってきたものの、今季は開幕直後の負傷もありリーグ戦13試合の出場に留まっていました。

来季はシュミットダニエルの復帰も決まっており、今季正GKの関も加えベガルタのポジション争いは相当激しいものになると予想。GKが手薄になっている清水への移籍は仕方がないのかなという印象です。

広島にGK林を奪われ苦しんでいた仙台を救ったように、今度は清水を救いもう一度日本代表に返り咲いてほしいですね。