名古屋FW川又の争奪戦は磐田移籍で決着 ベガルタは獲得ならず

来季J2へ降格する名古屋からの退団を表明していたFW川又が、磐田への移籍を決断したようです。

ウイルソンが退団し新たな得点源が必要なベガルタも獲得を狙っていると報じられていましたが、残念ながら実現しませんでした。

同じく争奪戦に参加していた古巣の新潟もフラれたことから、磐田がかなり良い条件のオファーを出したことが予想されます。磐田も今季リーグ戦14ゴールのFWジェイが退団してFW獲得は急務でしたからね。

川又獲得はなりませんでしたが、クラブは背番号9を付ける選手の獲得に向けて動き続けることは間違いないので、どのような情報が出てくるのか楽しみに待ちたいと思います。

名古屋の選手は総じてコスパが悪そうなので避けてほしいのが本音ですが。

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ