渡邉監督の契約更新を発表 「GOODからSTRONGへ」

例年より1ヶ月早いシーズン終了となり、来季に向けての準備が始まったベガルタ。選手の契約更改に先駆けて渡邉監督の来季続投が発表されました。

限られた戦力の中で若手を起用しながら勝点を積み上げてきた手堅い手腕に、2016シーズンのベガルタが託されました。2014シーズンの途中に就任してから来季で4シーズン目となります。

今季こそ残留争いに巻き込まれることなく12位での着地となりましたが、渡邉監督の就任以来続く「物足りなさ」。

それはやはりユアスタでの勝ちが少ないから。しかも今季はホームでの引き分けがひとつもなく、アウェイチームが喜ぶ姿を多く見させられる苦いシーズンとなりました。逆にアウェイでは良い思い出を作らせてもらったので、そこは本当に感謝しています。

天皇杯初戦でJ3チーム相手に5失点で敗れてしまったこと、最終節満員のユアスタでシャットアウト負けを食らったこと、必ず来季への糧にしなくてはいけません。

5シーズンに渡り攻撃を支え続けたウイルソンが退団し、さらにハモンロペスも流出が濃厚と報じられており、来季はシーズン序盤から手腕が試されることとなりそうです。

ホームでSTRONGなチームを作り上げ、サポーターの心震わす試合を。

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ