名古屋が小倉監督の事実上の解任を発表 闘莉王の電撃復帰も

本日、名古屋グランパスが小倉監督の休養を発表しました。低迷するチームの責任をとった事実上の解任となります。

開幕前から指導経験のない小倉氏のGM兼監督は短命に終わると見ていた方も多かったのではないでしょうか。シーズン序盤こそ外国人選手の力で勝点を積んだものの、戦術が見えないチームはあっという間に失速。17戦勝ち無しで年間順位16位に沈み、小倉氏を中心に据えたグランパスの改革は完全なる失敗に終わりました。

このまま小倉氏を引っ張って降格へ突き進むと思っていたのですが…なんとも中途半端な時期での解任劇となりました。なお、後任はボスコ ジュロヴスキーコーチが昇格することが発表されています。

そして、解任劇と同じ位に衝撃を与えたのが闘莉王の電撃復帰。今年1月に名古屋を解雇されて以来フリーとなっており、今月26日にもチームに合流。早ければ9月10日のリーグ戦から出場の可能性があります。

試合勘こそ鈍っていると思いますけども、強烈なリーダーシップはピッチ内外問わずチーム全体を鼓舞するはずです。ここ数年は闘莉王が名古屋を支えていた印象が強いですし。

ベガルタは9月25日にホームで名古屋戦があるので、それまでにそこそこ倒しがいのあるチームになっているといいですね。1stで名古屋に負けていますけども。

残り8節で名古屋が逆転残留を果たすのか、それとも浮上の兆しなく終わるのか。今季のJリーグ終盤の大きな見どころになりそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ