【仙台4-2新潟】華麗な4ゴールで新潟を粉砕 6月さらなる攻勢へ!

1st第14節・アルビレックス新潟戦は4-2で勝利!

金久保のまさに"レーザーガン"のようなゴラッソで口火を切ると野沢、渡部も続き3-0に。その後1点を失いリズムが悪くなりかけるも、直後にウイルソンが落ち着いてループシュートを決め今季最多の4ゴールで新潟を沈めました。

新潟にとってユアスタは好相性。ビジター席は目一杯広げられ、時にベガサポを上回る新潟サポの声援が響くも試合内容ではベガルタが新潟を圧倒しました。ホーム新潟戦は2011シーズン以来5年ぶりの勝利、今季初の連勝です。

4ゴールどれもが魅力的ではありますが、個人的には2点目の野沢のゴールが1番好きですね。野沢の変態ボレーもさることながら、ハモンの鬼チェイスからライン際での残し、そして持ち替えてのピンポイントクロスは最高に痺れました。

あの際どいボールをチェイスできることに、ハモンの調子の良さが表れているような気がします。アシストだけでなく前線で溜めを作り続け、今節はゴールを決めた4選手と同じくらい、もしくはそれ以上の貢献度でした。

5試合でわずか勝点1に終わった4月の戦いが終わった後、渡邉監督が掲げた「5月攻勢」。大宮には勢いの差を見せられたものの、5試合で勝点10を積み上げることに成功しました。

1stステージは残り3節。

さらなる攻勢をかけ、目指すは一桁順位でのハッピーターン。

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ