【仙台0-3広島】後半立ち上がりの失点でプラン崩壊 攻撃も今季初の無得点

1st第5節・サンフレッチェ広島戦は0-3で敗戦。

ナビスコでの2戦連続シャットアウト成功で勢いをもって臨んだ鬼門・アウェイ広島戦。前半は集中した守備でピーター・ウタカを中心とした広島の攻撃を抑え込みましたが、後半立ち上がりにPKから失点すると一気に崩れ3失点。

PKを取られたジャッジはスローで見ると疑惑の判定に見えるも、松尾主審の立ち位置からは三田が引っかけたように見えたかもしれません。アウェイで0-0の時間をなるべく長くしたかったベガルタは不運な形で先制を許し、その後立て続けに致命傷といえる連続失点を喫してしまいました。

納得いかないジャッジで失点したとしても、集中を切らすのだけは避けてほしいものです。

そして今季ここまで6戦連続で得点してきた攻撃もこの日は不発。2列目に構えた奥埜と水野は攻守によく走ってくれましたが効果的なパスは少なく、リャンと金久保を欠いたことによる難しさも感じました。

途中から出てきた野沢のアイデアでウイルソン、ハモンが躍動していたので、この3人をスタートから見てみたいと思いましたね。

結果的には大敗となってしまいましたけども、その中で得た好材料は無駄にはせずシーズン序盤の連戦を戦い抜いてほしいです。

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ