【仙台1-2名古屋】ミスから2失点 好相性の名古屋から勝点獲得ならず

1st第4節・名古屋グランパス戦は1-2で敗戦。

前半終了間際に中盤でのボールロストからカウンターを許しシモビッチに簡単に決められると、後半ハモンのゴールで追いついた直後にもクリアミスから失点。非常にもったいない負け方で勝点を落としました。

滑りやすいピッチ、ゲームコントロールができない主審の影響でやりにくさがあったのか、今季ここまでチームを救ってきた守備陣の集中力も今回は冴えず。特に1-1に追いついた82分以降の試合運びは課題を残しました。

せっかく水野、野沢とサイドで落ち着いてボールを持てる選手を入れたので、守備陣はシンプルにその2人に繋いで、まずはアウェイでの勝点1を手中に入れる試合運びをみせてほしかったですね。

今後への好材料となりそうなのは、奥埜とウイルソンの2トップでゴールに迫るシーンがあったこと、あとハモンが途中出場でゴールを決め役割を果たしたことでしょうか。ハモンの勢いが増すことで、今季未だない複数得点の可能性が高まりそうです。

あと、渡邉監督にはリードしている試合でも、この位強気な交代カードを切ってほしいものです。

名古屋には秋口にホームで迎えた際にきっちり勝点を返してもらいましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ