【仙台1-0鹿島】魂の90分 GK関ファインセーブ連発で鹿島に粘り勝ち

1st第3節・鹿島アントラーズ戦は1-0で勝利!

前半立ち上がりにウイルソンが個人技で上げたクロスを金久保が叩き込み先制すると、その後は粘り強い守備で鹿島の攻撃を封じ込め、シャットアウト勝ちに成功しました。

選手、サポーターが一丸となって戦った魂の90分。

交代選手含め、ピッチに立った全員から勝利への執念を感じる本当に良い試合だったと思います。

ダイレクトでゴールを決めた金久保はもちろん素晴らしかったのですが、この試合一番の輝きを放ったのは何といっても関ですね。クロスへの反応、果敢な飛び出し、六反の”代役”に留まらないその活躍は、まさに守護神でした。

試合終了のホイッスルと同時に関に駆け寄るメンバーを見て、胸が熱くなりましたよ。

勝点3だけでなく、チームに大きな自信をもたらす一勝になりました。

昨年8月12日・松本戦以来のリーグ戦でのホームゲーム勝利で、やっと長いトンネルから抜け出しました。鹿島に粘り勝ちしたことが、「ホームで強い仙台」を取り戻すきっかけになることを願います。

第3節を終えて2勝1敗で3得点の2失点。六反離脱は誤算ながらも、2016シーズンの滑り出しは上々といったところです。これから名古屋、広島、G大阪、浦和と難敵が続くリーグ戦、今節のような魂のこもったプレーでシャットアウト勝ちを積み重ねてほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ