【仙台1-2F東京】後半見せ場なく逆転負け 六反負傷交代も重なり不安残す敗戦

1st第2節・FC東京戦は1-2で敗戦。

前半早々に幸先よく渡部がCKからヘッドを叩き込むも、その直後オウンゴールで失点して同点。さらに後半スローインの流れから簡単に崩され前田に逆転ゴールを許し、ホーム開幕戦を白星で飾ることはできませんでした。

もうすこし1-0の時間が長ければ…勝点1くらいは取れたかもしれませんね。

オウンゴールを含め2失点した守備ですが前節同様に球際はそれなりに厳しくいけていたので、その辺りキャンプの成果は出ているのかな、という印象です。

やはり深刻なのは攻撃の迫力の無さ。

2トップの奥埜とウイルソンが最前列で前を向いてボールを持つシーンが無く、特に後半は何を意図してパスを回しているのか伝わってきませんでした。

最後にはそのパス回しを捨ててパワープレイに頼っている様子を見ると、ちょっと心配になってしまいますね。目指す形があるならば、最後までトライしてほしいと思います。理想は前節マリノス戦の前半。あと、たまには速攻も良いんじゃないかな。

そして後半途中に負傷交代した六反の容態も心配。

六反自身、開幕戦からゴールマウスに立つのは初めてということで、ここでの離脱は相当悔しいはず。それでも焦らずベストの状態で帰って来てほしいと思います。

次節はホームで鹿島戦。今節は契約上出場できなかった三田も帰ってきますので、見ごたえのある試合に期待ですね。

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ