【仙台1-1湘南】後半立ち上がりに暗転 ウイルソン投入も流れ変わらず

2nd第11節・湘南ベルマーレ戦は1-1のドロー。


前半ハモンロペスがPKを決めて先制に成功するも、後半の立ち上がりにCKでの守備のもろさをまたしても露呈して逃げ切りに失敗しました。


失点シーンを見直すとボールに向かった全員の出足が遅く、集中しきれていなかった印象です。互いに決定機が少なかっただけに、シャットアウトは勝点3の絶対条件。後半立ち上がりに気を抜いた守備を見せたことが本当に残念で悔やまれます。


今回ばかりはよくわからない判定でPKを与えてくれた佐藤主審に感謝します。逆に湘南に逃げ切られる展開も十分ありえましたからね。


こんなんじゃ今までの果てしない借りは返せませんけど。


そして復帰以来、途中出場が続いているウイルソンはコンディション全開とはほど遠い感じ。勝ち越し点が欲しい場面でウイルソンに掛けたくなる渡邊監督の気持ちもわかりますけど、コンディションが上がるまでもう少し待っても良いような気がします。


個人的には山本をもっと長い時間試してほしいですね。


2ステージ制により早いものでリーグ戦は最終盤へと突入します。


ここまでなにかと苦しい試合が多かった2015シーズン。


さっさと残留争いから脱出して天皇杯で歓喜連発なんていう妄想をしながら、ダービーにむけて気持ちを高めていきたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ