【ベガルタ3-2仙台大】繰り返されるCKからの失点 辛くも天皇杯初戦突破

本日行われた天皇杯2回戦・仙台大学戦は3-2で勝利。


勇気を持って高めにラインを保ってきた仙台大に対して裏にサイドに攻め込むも、ゴール前での甘さが目立ちわずか2得点。チャンスの数からして前半で試合を決めなければいけない内容でした。


相手に合わせてしまう癖はもう治りませんね。完全に持病です。


後半は完全に仙台大の狙いがはまり、いつも通りCKから失点を許すと、縦ポンから追加点を献上する情けない展開に。菅井のダイビングヘッドがなければ、NHKの願いが叶う可能性も十分あり得ました。


予想通り、ユアスタにはジャイアントキリングの予感が漂いましたね。


大学生すらシャットアウトできず、とてもリーグ戦に繋げられる内容とは言えません。ただ、勝利できたということでまずは一安心という感じです。


3回戦の相手は大宮vs東京Vの勝者。残留を争っていては天皇杯はまともに戦えませんので、今回の辛勝を発奮材料に変え、9月全勝を目指してほしいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ