【仙台3-4広島】重くのしかかった前半の3失点。猛追及ばず2ndステージは黒星発進。

2ndステージ第1節・サンフレッチェ広島戦は3-4で敗戦。

 

前半に喫した3失点が最後まで重くのしかかり、試合終了間際の猛追も及ばず惜しくも黒星を喫しました。

 

1stステージでは手も足も出ずに敗れた広島に対して、試合開始からホームの声援を背に受け身になることなく、勇気をもって戦えていたと思います。ただ、そこをいなしてくるあたり、さすが広島といったところ。

 

特に2ゴールの寿人。悔しいんだか嬉しいんだか、よく分からない気持ちにさせてくれます。


西村主審のコントロールが思いのほか残念な出来だったこともありますが、左サイドの守備や、中盤での気の抜けたプレーなど、こちらから隙をみせてしまったことが敗戦の要因かなと。

 

もっと堅い試合に持ち込んで、1-0逃げ切りくらいの内容に持ち込めればベストでしたね。

 

それでも、試合後ユアスタにサポーターのコールが響いたことからも、ある程度「希望の持てる敗戦」だったように感じました。

 

多彩な攻撃を仕掛けてくる広島に対して決してラインを下げすぎることなく、勇気をもってコンパクトな陣形で戦えたことは、今後の戦いに繋がるはず。


ホームには神戸、柏と攻撃力のあるチームを迎えますので、シャットアウトも視野にいれながらも、今節のような勇気を持って攻め上がるプレーを見せて欲しいですね。

広島を見に来たであろうこの2人にベガルタはどう映ったでしょうか。

 

六反以外にも良さげな選手がいますので、ハリルさんを一度ユアスタに連れてきてくれたら嬉しいですね。


にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ