不調の鹿島相手に自滅。浮上へ向け聖域なき選手起用を。

本日行われたJ1 1st第8節・鹿島アントラーズ戦は1-2で敗戦。

 

4-1-4-1に布陣を変えたことにより前半はよくボールが回って決定機を作り、勝利への期待を感じたものの、前半終了間際にコーナーキックで昌子に茂木とのミスマッチを突かれて呆気なく失点。

 

さらに後半には富田の信じられないパスミスでカイオに突破を許し追加点を献上。ここまでベガルタと同様にリーグ戦2勝に留まり、この試合も決して良い内容ではなかった鹿島に対し、自滅で流れを渡しリーグ戦3連敗を喫しました。

 

またしても失敗したシャットアウト。金園のゴールが決勝点になるような試合運びにできなかったことが非常に悔やまれます。

 

やはり布陣を変えたとしても、局面で差をつけるのは「個」の部分。ボールタッチの回数は多いけれど何も起こせない茂木や、疲労の色が隠しきれない石川、軽いプレーでパスミスが目立つ富田あたりは、一旦広島戦の遠征メンバーから外す位の思い切りも有りかなと。

 

この3連敗はほぼ同じメンバーで戦っていたため、何かしらの変化は欲しいところ。そして広島戦は90分+ロスタイムまで、隙を見せずに戦えるメンバーで挑んで欲しいですね。


移動日を入れた中2日で出来ることは限られていますが、渡邉監督には聖域なき選手起用により、広島戦で何かしら浮上のきっかけを掴んで欲しいと思います。

 

ボランチにキム・ミンテ、奥埜を一列下げて金園とウイルソンの2トップをスタートから見たいなぁ・・・


にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ