関痛恨のキャッチミス。堅守堅攻で柏を苦しめるも1-1のドロー。

ACLに出場している柏の日程の都合上、金曜日の夜に開催されたアウェイゲームは、1-1のドロー決着。

 

前半にコーナーキックから渡部が古巣への恩返し弾を叩き込むも、後半ハモンロペスが退場、そして関の痛恨のキャッチミスが響き、柏に黒星を付けることはできませんでした。

 

山形戦から一転して、この日は柏の完成度の高いパスサッカーに対し、耐え続ける展開になるも、それは予想通りの展開。たとえパスを回されても決定的なシーンは作らせず、1-0での逃げ切りも十分可能性のある展開でした。

 

しかし関のあのキャッチミス…。出足にも迷いがありましたし、パンチングしておけば何も難しいシーンではなかったと思います。

 

来週のナビスコは六反を試してほしいですね。

 

また、この日ベガルタで初出場の金園は、完全にはフィットしていないながらも、ハモンロペスとのコンビネーションから決定機を作るだけでなく、守備にもしっかりと参加していました。柏が相手ということで攻撃の場面が少なかったので、次の出番ではさらに持ち味の運動量と攻撃のセンスを見せてくれそうです。

 

開幕戦に続き2試合連続で退場者を出してしまったことについては、そこまで悲観する必要はないと思います。東城主審は相変わらず基準があいまいな笛で、ハモンロペスの退場のシーンはイエローを出すようなファウルではありませんでした。逆に柏の鈴木あたりに退場してほしかったですね。

 

次節はホームでのナビスコを挟んで、アウェイ湘南戦。守備については完成度が高まっているので、攻撃陣のさらなる奮起に期待です。


にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ