日本代表

2016年

1月

31日

仙台から世界へ 手倉森JAPANがAFC U-23選手権を制覇 アジア王者としてリオ五輪へ

リオ五輪の予選も兼ねたAFC U-23選手権カタール2016の決勝が現地時間30日に行われ、U-23日本代表とU-23韓国代表が対戦。日本は2点ビハインドを許す難しい試合展開となるも見事に逆転して3-2で勝利。

 

準決勝で勝利した日本はすでにリオ五輪の切符は手にしていましたがチームは最後まで勝利にこだわり、アジア王者として五輪へ挑むこととなりました。

 

逆転ゴールの瞬間は深夜にも関わらず絶叫してしまいましたよ。本当に凄かった。

 

「谷間の世代」と呼ばれ五輪出場すら難しいと言われていたチームをまとめ上げたのは、手倉森監督の人心掌握術。どの選手も献身的に守備をして、攻撃となれば両サイドバックも駆け上がる全員攻撃・全員守備で強敵相手に白星を重ねる様は、手倉森監督が率いていたころのベガルタを彷彿させました。

 

今大会で日本がフェアプレー賞を受賞したところにも「らしさ」を感じますね。

 

8月から始まるリオ五輪に向けてこれから強化試合が組まれ、6月下旬には仙台での壮行試合も計画されているようです。

仙台でU23五輪壮行試合開催も!手倉森監督“第2の故郷”に錦(Yahoo!ニュース)

 

2013年のオフに手倉森監督を失ったベガルタは2年連続で残留争いに巻き込まれ大変な思いをしましたが、かつての指揮官が優勝カップを掲げる姿を見て、少しだけ報われた気がしました。

仙台の名将からアジアの名将、そして世界へ。

 

これから日本のサッカーを背負って立つ選手たちのモチベーションをフルに高めて、リオ五輪でも劇的な試合を数多く見せてくれることを期待したいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ




0 コメント

2015年

8月

28日

W杯予選日本代表メンバー発表。ベガルタ仙台からはGK六反が選出!

9月に行われるW杯アジア2次予選2試合(9/3カンボジア戦、9/8アフガニスタン戦)に挑む日本代表のメンバー23名が発表されました。


ベガルタからは東アジアカップに引き続きGK六反が選出され、今週末に残留へ向け需要な一戦を迎えるチームにとって明るいニュースが届きました。


新潟戦でシャットアウト勝ちして、気持ちよく代表に合流してほしいですね。


そして選ばれた23名について、いろいろと騒がれておりますけど、個人的には妥当なところかなと思います。


東アジアカップの出来から、ハリルホジッチ監督は国内組を主体に戦うことは難しいと判断したのでしょう。厳しいスケジュールだとしても海外組を呼んで、現時点でのベストメンバーを組みたかったのだと思います。


その東アジアカップでひとり気を吐いた武藤(浦和)については、岡崎がいる限り代表定着は難しいのかなという印象です。また、足の遅いFWばかりがそろっているので、永井(名古屋)は入れておきたかったのかと。


2試合とも相手に引きこもられて難しい試合になると思いますけど、ここはしっかりと勝ちきって頂きたいところですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ




0 コメント

2015年

7月

30日

ベガルタ仙台GK六反が代表入り!東アジアカップ日本代表に追加招集

日本サッカー協会は30日、FC東京のGK権田が体調不良のため、8月2日に中国・武漢で開幕する東アジアカップを辞退すると発表。

 

その代役として、ベガルタ仙台のGK六反が追加招集されました。背番号は「23」になるとのことです。


追加招集という形ではありますが、連敗で暗いニュースが続いている状況で、久しぶりに明るい話題となりました。中断明けからチームに良い影響を与えられるよう、頑張ってきてほしいですね。


DF陣は代表帰りの六反に試合中怒られないよう、しっかりお願いしますよ。


にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ




0 コメント

2015年

7月

10日

ベガルタからはGK六反が選出!寿司をもたらすあの人も!?東アジアカップ予備登録メンバー発表

本日、8月2日に中国・武漢で開幕する東アジアカップ2015決勝大会に向けた、日本代表予備登録メンバー50名が発表されました。

 

東アジアカップ期間中は国際Aマッチデーではないため、FCソウルに所属しているMF高萩以外は全員国内組。代表での出場歴のある選手や、これからA代表定着を狙うU-22代表の選手が大半を占める中、ベガルタからはGK六反が選出されました。

 

FWには浦和に寿司をもたらしているあの人の名前も。

 

後日発表される最終登録メンバーでは、4人のGK選出が予想されます。東口(G大阪)、西川(浦和)、権田(F東京)あたりは確定なので、残り1枠があるなら六反が入れるか!?という感じです。

 

まずは明日の広島戦、しっかりシャットアウトして代表選出に繋げてほしいですね。


にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ




0 コメント

2015年

5月

07日

ベガルタ仙台GK六反が日本代表候補トレーニングキャンプメンバーに選出!

本日、日本サッカー協会は5月12日、13日に千葉で実施される日本代表候補トレーニングキャンプのメンバーを発表しました。

 

日本代表メンバーの発表とベガルタとは長らく無縁な時期が続いておりましたので特に気にも留めずにいたところ、なんとGKに「六反 勇治(ベガルタ仙台)」の名前が!

 

正直なんで?と思いましたが、ハリルホジッチ監督に呼んでみたいと思わせる何かを六反は持っているということ。できれば監督本人から六反を呼んだことについてのコメントが欲しいですが、そのチャンスはあるでしょうか。

 

リーグ戦5連敗と苦しい状況が続くチームにとって明るいニュースであることは間違いありません。ベガルタの正GK定着へ向けて多くのことを吸収して帰ってきてほしいですね。


代表選出で気合の入った六反が浦和をシャットアウトする妄想をしながら、週末を迎えたいと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ



2 コメント

2015年

3月

31日

Jリーグに追い風吹き込むハリルホジッチ采配。夢見るベガルタからの選出。

国際親善試合のチュニジア戦、ウズベキスタン戦で勝利した日本代表。2試合とも新しい指揮官として招いたハリルホジッチ監督の采配が光る内容でした。

 

これまで召集されればスタメン出場が確約されていた本田、香川、岡崎がチュニジア戦でベンチスタートとなるなど、さっそく独自色を打ち出すと、ウズベキスタン戦ではガンバの宇佐美、広島の青山が持ち味を発揮。

 

「次は誰を出すのか」

「どこから点を取らせるのか」

日本代表の試合で久しぶりにワクワクするような感覚を覚えました。

 

国内組、海外組隔てなく召集した選手すべてにチャンスを与え、親善試合とはいえ結果を出したことは、今週末から再開されるJリーグに活気を与えるはずです。「呼ばれたら試合に出られる」というのはモチベーションに繋がると思うので。

 

そして先日のナビスコでは永井、川又が日本代表に招集されすでに追い風に乗っている名古屋に敗れ、開幕からの勢いを止められてしまったベガルタ。代表選手を抱えるチームは今後も高いモチベーションで臨んできそうなので厄介なことになりそうです。

 

ただ、その代表選手たちを超えれば、もしかしたらハリルホジッチの目に止まるかもしれません。そう簡単には行かないでしょうけど、国内組が躍動する日本代表に、ベガルタからの選出を夢見る2試合でした。

 

茂木、奥埜あたりのサプライズ選出なんていかがでしょう。


にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ



0 コメント

2015年

3月

14日

ハリルホジッチ氏が日本代表監督に就任。代表メンバー大幅入れ替えはあるか。

日本代表監督に就任したハリルホジッチ氏が昨日来日し、就任会見を開きました。

 

アギーレ前監督が契約解除された際は長期化が予想されていた次期監督の選考は、これで決着。今後は3年後のロシアW杯の出場権獲得、未踏のベスト8に向けてハリルジャパンがどのように動き出すのかが注目されます。

 

残念ながら昨日の柏レイソル-ベガルタ仙台の視察は実現しませんでしたが、3月27日、31日に行われるキリンチャレンジカップのメンバー選考のために、今日のFC東京-横浜マリノスを皮切りに積極的にJリーグを視察するようです。

 

ただ、2週間後に迫った試合のメンバー選考の権限がどれだけハリルホジッチ監督に与えられているのかは未知数です。それでも何かと雑音の多い状況にもめげずに、日本サッカー再生のために信念を貫いてほしいですね。

 

ベガルタから代表選んでよ!なんて贅沢なことは言いません。3年後、そしてその先を見据えた思い切った若返りと、選手のコンディションを考慮した柔軟な選手起用に期待したいです。


にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

0 コメント

2015年

2月

03日

日本サッカー協会がアギーレの解任を発表。気になる後任は。

本日、日本サッカー協会がアギーレの解任を突如発表しました。


アジアカップ終了後、大仁会長は八百長疑惑を抱えたままのアギーレの続投を匂わせていましたが、スペインの裁判所に告発が受理されたことが明確となり、万事休すとなった模様です。


ベスト8に終わったアジアカップも解任への動きに拍車を掛けたのでしょうか。惨敗に終わったブラジルW杯からの再建策は、1年経たずにリセットされることとなりました。


個人的には特に新戦力を試すでもなく、ザックが率いていた時から代わり映えの無いアギーレのメンバー選考に辟易しておりましたし、このタイミングで解任したことは、正しい判断だったと思います。ただ協会にはアギーレの任命責任までしっかりと追及していただきたいですが。


そして気になるのは後任が誰になるのかということ。代表の強化を担当している霜田技術委員長は後任人事について、現在のJリーグの監督からは選ばないことを明らかにしており、Jのサポーターは安堵と言ったところ。


おそらく、八百長疑惑によるイメージダウンを一掃し、6月からのW杯予選の注目度を上げるような、ある程度知名度の高い人物を監督に招へいする気がします。


日本代表のリセット。これは選考の門戸が開く大きなチャンス。

ベガルタの選手が新代表監督の目に止まるよう、開幕ダッシュで猛アピールを。


ブログランキングに参加しております!
優しい方たまに下のバナーをポチッとしたくれたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

0 コメント